<準備3>レンタルサーバーを借りる

意にそぐわない広告は表示したくないとか、ブログのデザインにこだわりたいという人には、レンタルサーバーを借りて、ドメインを取得し、WordPressを使って自らブログを運営することを目指すといいでしょう。

誰に干渉されることもなく、デザインも思いのまま、広告表示も自由に設定できます。

しかし、レンタルサーバーを契約するには当然毎月レンタル料が掛かりますので、そのままでは高い趣味になりかねません。

ただ、ブログが軌道に乗りプレビュー数が集まるようになれば、好きな場所に広告を掲載して幾らかの収入を得ることでサーバー代とドメイン費用を補てんすることができます。

前回、「最初は無料ブログから始め、軌道に乗ってきたらレンタルサーバーを借りて引っ越しをするのも一計」と書きましたが、モチベーションの面ももちろんですが、収支の面でも理に適った方法だと思います。

少し脱線しますが、いずれ「運用編」で詳しく書きますが、毎日定期的にPV数が得られるようになったら、「Google Adsene」に登録申請をして広告を出しましょう。

これは表示回数やクリック数で広告収入が得られるタイプの広告で、好きな場所に貼っておくだけ。勝手に来場者に合わせて広告を選んで表示してくれます。

オススメのレンタルサーバーは「エックスサーバー」

レンタルサーバーを取り扱う会社はたくさんありますが、オススメはエックスサーバーです。

現在自分も利用している「X10プラン」というプランは、容量が200GBあり、WordPressでブログをする上で必要なサポートが充実しています。

1ヶ月あたり1,200円程度と、他と比べると決して安くないですが、サーバーの安定性やセキュリティ対策の信頼性、初心者にもやさしいフォロー体制など、素人にとってその安心感は群を抜いています。

右も左もわからぬままWordPressを始めた当初、すっかり行き詰ってしまい、どこに相談したらいいかわからず、ダメ元でエックスサーバーに相談をしたことがあります。

サーバーの管理についてではなくWordPressの技術的内容についての相談だったので、対応してもらえるかわかりませんでしたが、曖昧な問い合わせに対しても根気強く、とても丁寧に回答をもらうことができました。

もちろん安いレンタルサーバーでも構いませんが、安定性やサポート面では不安もあると思いますので、少なくともWordPressでの運用に慣れるまでは、安心できる環境で始められるとWordPressでのブログの作り込みに集中できると思います。

今後はエックスサーバー上でのブログ運用を前提にお話を続けていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする